Norakuro

いつも心に「のらくろ」を。監査委員の経験と、これからの決意

 
江東区議4期目の4年目に監査委員を拝命し、これまでとは違った視点で「江東区のいま」と向き合う機会をいただきました。
就任まもない頃、小野次郎・元参議院議員から教わった一言は今でも忘れられません。

 
 
「清人さんね。監査やるならこの言葉が、きっと役に立つよ。 “声なきに聞き 形無きにみる”って言うんだ」

 
西郷隆盛や大久保利通とともに薩摩を代表する人物、川路利良(かわじ・としよし)大警視の言葉です。警察出身らしい小野さんのアドバイスは、実際に監査で訪れた多くの場面で思い起こされました。
就任後、区内中のさまざまな保育教育施設(保育園に幼稚園、小中学校)、そして障がい者や高齢者などの支援施設を訪ねました。
その中でもっとも強く感じたのは、江東区にも「経済的格差」が広がり、その影響が所どころに表れていることでした。
区の統計によると、就学援助の対象となる児童生徒の割合は小学校で全体のおよそ18%、中学校では32%にのぼります。進学するにつれ、親の負担が大変になる。これは何も、親や子どもだけの問題ではありません。
私たちにとっての孫の世代が、そういう大変な状態にある。区が毎年公表している「江東区データブック」を参照するだけでは見えない実態が、現場にはありました。
 
 
さまざまな家庭環境の児童や生徒たちが、学校に集まります。経済的に恵まれている人もいれば、そうでない人もいる。認めざるを得ない事実です。
それを感じているのは、大人じゃ無いんです。誰か。他ならぬ子どもたちです。
 
 
「うちは、みんなとは違うから」。
ある程度の年齢になれば、感じてしまいます。
そんなことないんだよ、みんな平等なんだよという言葉がむなしいくらい、子どもたちは肌身で感じている。言わないけど、伝わってくる。それが現実でした。
就学援助率の問題に関しては、実は大人よりも、当事者である子どもたちのほうが敏感で、そして繊細なんです。
 
続きはこちらをクリックください。


News  鈴木きよとからのお知らせ

[%article_date_notime_dot%] [%new:NEW%]

[%title%]

Policy 政策テーマ

政策テーマ 明るく、元気な街づくり

ひとづくり

子育て・教育を誰よりも大切に。
政策テーマ 安心の暮らし

まちづくり

防災と福祉で、もっと安全安心に。
政策テーマ 無駄をチェック

くらしづくり

環境と賑わいが調和するくらしを。
武田翔ツイッター
武田翔フェイスブック(個人)
江東区議会